KRメタ ライチャスグローリー・コグマウ

今回は、ブートキャンプ中のプロ等が試している新ビルドの・・・

http://www.probuilds.net/champions/details/KogMaw

恐ろしいぞ…….

 

今回は新しいこのビルドも含め、最近色々と混沌としているコグマウのビルドに関する事をまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

コグマウとレリックシールドについて

最近流行りのレリックシールドADCですが、コグマウ等のハイパーキャリーはもっともこの変則的な初手を活用してます。

NAのキャスター陣によると、ADCでレリックを買う条件として”味方のサポートがアーデントセンサーにラッシュできるチャンピオン”が一つ、

”相手のボットレーナーがレーン戦において強烈すぎない”の二つを上げていました。

そもそもレリックシールドを買う目的がアーデントにラッシュすることなので、それ以外のサポートチャンピオンにレリック分のゴールドを渡してもあまり意味がないとのこと。

この二つの条件を満たしていなければ、素直にドランシールドでレーンを耐え凌ぐか、局所的にならブレードでオールインに勝ちに行くか、の選択肢が無難だと思います。レリックがファームレーンで最強な選択なのは間違いない…。

プロ達はレリックシールドを、ファーストリコールから1stアイテム完成の間にターゴンの腕輪に強化してることが多いです。もちろん最終的には売ることになりますが、それまでの間は血剣シールドと同等のパッシブシールドを持つのでミッドゲームではかなり強力なアイテムになります(+500ゴールドで、100増加HP+最大340HPシールドは破格。ついでに更にサポートに金を分けれる!やったね!)

Probuildsにおける初手レリックコグマウの多さを見るに、コグマウの相方はアーデントサポが多数、かつ相性最強っぽいですね。まあ当然といえば当然ですが…。

 

 

初手王剣の不人気

これは大分前にきた王剣のナーフと、センサーサポの人気向上が影響してるとNAのアナリスト達は語りました。

王剣以外の選択肢であるグインソーとウィッツエンドがアーデントセンサーの追加Onhit魔法ダメージと、とても相性がイイ:

  • アーデントセンサーのOnhitダメージがグインソーで追加発動可能
  • ウィッツのMR低下で魔法Onhitダメージの威力上昇

その他に、

  • 王剣を積まないことによるLSの無さをアーデントセンサーの回復で補える

など、王剣×センサーよりも、グインソー×センサー、ウィッツ×センサーのほうがシナジーがあり強力なので、最近では王剣は積まれるにしても4アイテム目となってます。

か、あるいは、

といった風に。

 

味方チームの構成によっては、初手王剣は選択肢としてはアリ:

  • 味方がFullAP、AP過多
  • 相方がアーデントを積めないためLS確保手段が王剣オンリー

ですが、アーデントサポとセットじゃないコグマウがそもそもかなり貧弱なので…プロではあまり見ないと思います。他のCritAD達はアーデントセンサーが無くても全てを失ったりはしませんが、コグマウは別ですね。

 

ウィッツとグインソー、この二つを比べると:

+=3600ゴールド

=3600ゴールドなので、

この二つを比較して:

 

ウィッツエンド グインソー グインソー6
AD 35 53
AS 75 25 73
AP 50 74
Onhit 40 15 15

 

フルスタックのグインソーがウィッツとは比べ物にならず、0スタックでもAS以外はウィッツを上回ってるので、序盤から40のMRと、グインソーより早期にスパイクできる点を生かせないのなら基本的にグインソー初手でいいと思います。最終的には両方積むのでここらへんはプレイヤーの好みでも変わるかと

 

 

タンクコグマウについて

ここからが本題ですが、最近のプロではコグマウの三つのコアアイテムである、

を完成させた後に、タンキーに移行するのが流行っています。

候補としてはなど。時にはまで…。

フローズンマレットは前からよく見ていましたが、オーメンやライチャスグローリーはつい最近になって選ばれ始めてます

正直、ここからはRedditで誰かが解説してるわけでもなく、KRのプロがアレコレ言ってくれてるわけでもないので完全に推測するしかありませんが…。

コグマウは3アイテムでスケーリングが止まるわけではありません。この3コアを積んだ後にも王剣などでさらにハイブリッドDPSになれますし、WのためのCDRを稼ぐためエッセンスリーバーや、そのままDeft氏が大好きなCrit型コグマウにもさらにダメージを進化できます。他にも順攻撃的なSash剣、Mawなども。

なのにプロ達でTank・マウが流行ってるということは、この3コアだけでダメージは十分だと判断し、これ以上のダメージよりも生存性やライチャスグローリー+フロマレのチェイスポテンシャルに価値を見出してる他ありません。(実際この3コアだけで大体のチャンピオンは溶かせますからね…)

いつぞやのTankエコーや、Tankフィズに似た恐怖を感じています。ライチャスグローリーがMSを失う条件として4秒経過するか敵が半径150ユニット程度に入り込むしか方法がないので、コグマウがグローリーを発動した最後、彼のW発動AAから逃げるのはかなり難しいです。そこでフロマレのスロウがかかったら、もはやコグマウと戦うしかなくなります。従って、かなり恐ろしいキャッチ性能も保持してると言えるでしょう。

 

考えられるTankマウを活用する際の弱点:
  • 王剣を積まないルートが多いので、ADダメージがあまり出ない為、MR(特にアダプティブヘルム)を積まれるだけで従来のタンクキラー感は完全になくなる
  • チームで自分だけがCarryの場合は不格好なビルドになる
  • 5v5、タンク対タンクは確実に弱い

 

Tankマウの強み:
  • アサシンのナイトメアになれる
  • スノーボールしたら殺せない分、従来のコグマウビルドよりも止まらない
  • ライチャス+フロマレでADCとしてエンゲージすることも可能

 

今のところ、Tankマウのように継続的な割合DPSと射程、硬さを高次元で両立できるチャンピオンは存在しないので、ニッチなビルドですが状況次第ではかなり有効な戦略だと思います

いつぞやのアビサルマスクカシオペアや、タイタンハイドラジャックスのように一人が披露するだけで恐ろしい拡散を見せるビルドもあるのがLoLの面白くて怖いところでもあります。

今後もプロで出てくる可能性のある新しいビルドは監視し続けていきたいですね

 

 

 

 

 

Pocket

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。