ADCジン ビルド考察(Patch 7.17)

今回は昔書いたネタの記事で、チャンピオンのビルドに関する考察+ガイドを作っていきたいと思います。

 

最新パッチと競技シーンでは既にあまりメタではないADCジンですが、それでもチャンピオンデザインが魅力的である程度の人気はいつも保ってる印象です。

そしてビルドが常にあやふやなチャンピオンでもあります🤔🤔🤔

 

今のプロビルドは脅威ジンとCritジンが入り混じってます

Jhin stats: win rate, KDA, best player(で大会のビルドが大体見れます)と

Champions – Jhin – ProBuilds.net(でソロキューのビルドが見れます)

 

今回はそのARpenとCritビルドの違いを検証してみます。

 

スポンサードリンク

 

🤔ARpenビルドとCritcicalビルドの違い (ADC)🤔

 

本来クリティカルとASを稼いでいって順当にスケーリングするADCがARpen(脅威)ビルドにいく場合、中盤にパワースパイクの前借りをする代わりにCritビルドに後半スケーリングで負けてしまう!というのが一般的な説です。あとARpenの性質上ARマシマシのタンク相手には極端に有効性が落ちます。相手に2,3人タンクがいたら気を付けましょう。

 

 

Critに行かずにARpenを積むということは、序盤に一般的なクリティカルビルド以上の力を手に入れる代わりに、後々そのツケが回ってくるはずです。実際にその差はどれぐらいのものなのか、フルビルト対フルビルドで試してみました。

 

 

ARpenビルドと言っても妖夢止めかさらにダスクブレードを積むかの二手に分かれるので今回は比較的オーソドックスな3つのビルドのダメージを比較したいと思います

 

 

妖夢止めIEビルド

f:id:lol-lettuce:20170126151221j:plain f:id:lol-lettuce:20170126151632j:plain f:id:lol-lettuce:20170201054045j:plain statikkshiv f:id:lol-lettuce:20170126151248j:plain f:id:lol-lettuce:20170201054350j:plain

 

4つ目のアイテムをERかShivで悩みましたが、今はRfcShivのコンボが強いのでShivにしました。本来ならShiv枠にサッシュ剣/胃袋/GAなどの守備的アイテムが入ると思いますが、そういったアイテムに関しては割愛させていただきます。今回は単純にどのビルドが一番ダメージを出せるのかを計算してみます

 

妖夢ダスクビルド

f:id:lol-lettuce:20170126151221j:plain duskbladeofdraktharr f:id:lol-lettuce:20170201054045j:plain f:id:lol-lettuce:20170126151632j:plain f:id:lol-lettuce:20170126151248j:plain f:id:lol-lettuce:20170201054350j:plain

 

さらに脅威上乗せ型のビルドです。ナイトエッジが弱体化されて、且つダスクのパッシブが使いやすくなったのでダスクが流行っています。

 

Crit型ビルド

f:id:lol-lettuce:20170126151723j:plain f:id:lol-lettuce:20170201054045j:plain f:id:lol-lettuce:20170126151632j:plain f:id:lol-lettuce:20170909024725p:plain f:id:lol-lettuce:20170126151642j:plain f:id:lol-lettuce:20170201054350j:plain

 

クリティカル100%のガチムチビルドです。AAするたびにジンが新幹線と化します。前まではRfcの後にPDの方が流行ってましたが今はRfcShivコンボがPoke最強な感じで流行っているのでこっちにしました。

 

 

名ビルドの間に値段の差はあります。

厳密にはCrit型(±0)>妖夢ダスク(-200円)>妖夢IE(-500円)>の順番で値段が高いのですが、 f:id:lol-lettuce:20170127024409j:plainなどで調整しようとするとビルド本来のパワーが狂ってしまうので(500円で30ADは破格)それを踏まえてダメージ結果を見てくれたら嬉しいです

 

 

ダメージ計算前の説明

 

ここにジンだけが持つ特殊なスケーリングの仕方を説明しておきます

 

まず彼のパッシブ、”まばたきすら惜しい”について

このパッシブは三つの要素があります:

  1. ジンのレベルによってADが増加する(レベル1で2%、レベル18で40%)
  2. クリティカル率10%の上昇ごとにADが4%増加する
  3. 増加AS10%の上昇ごとにADが2.5%増加する

クリティカルと増加ASによってADが割合で伸びていきますので、まずADアイテムを積んでから膨れ上がったADを割合で伸ばしていくというのが定石となってます。最終的にはこの割合上昇とクリティカルにより純ADの価値がとんでもないことになります。靴を売ったジンと売ってないジンだとADの差が1アイテムどころじゃなくなってしまいます。

 

そしてARpenに関する補足ですが、

ジンはクリティカルで自身のADを伸ばすことはできますが、それ以外の点では彼のスキル攻撃はクリティカル増加の影響を受けませんが、ARpenの影響は受けます。そしてAAの四発目における相手のHP量に応じた追加物理ダメージですが、物理ダメージなのでARpenの影響はもちろん受けます。そして4発目はもともと確定クリティカルなので、Crit上昇の影響は受けません。こういった要因のおかげでジンはARpenとかなり相性がいいのです。今回はAAのダメージを検証しますが、スキルと4発目はARpenの方がダメージ出るよ!ということです。

 

 

今回のビルドにおいて使用するルーン

 

赤に脅威、紫にADで14.4脅威と6.8ADを手に入れます

f:id:lol-lettuce:20170201121558p:plain

(Sneaky兄貴のop.ggから拝借したもの)

脅威ビルドするならこのページがスタンダードっぽいです(今回はCritビルドでもこのページを使います)

 

マスタリーは天賦の才で10AD、乱撃の極みで7%ARpenを得ます

 

計算方法ですが、基本的にはこういったふうになります↓

 

(AD+増加AD+ジンのパッシブによるAD増加)+((総合AD×クリティカル率×1.5倍)×0.75) 最後の0.75はジンのパッシブでクリティカルダメージが75%に減少されるというもの。

 

 

ダメージ比較:レベル18/フルビルドジン

 

相手AR100の場合:
妖夢IE 妖夢ダスク Crit100%
AA期待値 694 674 765
4発目 775 916 765
総合期待値 714 734 765

 

レイトでも柔らかい相手に脅威ビルドはまだまだ効く模様。

数値で見ればCrit100%>妖夢ダスク>妖夢IEですが、そこまで差がなく、Qのダメージや4発目の追加物理ダメージに脅威が乗るので総合的には妖夢ダスクが一番ダメージが出ると思います。

 

 

相手AR100+増加AR100の場合:
妖夢IE 妖夢ダスク Crit100%
AA期待値 504 417.6 571
4発目 563 641 571
総合期待値 518 473 571

 

脅威ビルドがかなり失速してますね・・・。増加AR100程度ならOff-Tank系チャンピオン(ダリウス、レネクトン等)でも簡単に到達できるので、そういったチャンピオンに対してCritビルドは妖夢ダスクよりも約20%ほど、妖夢IEよりも約10%AAダメージが伸びます。さすがにこの差を他のダメージで補うのは無理なので、この時点でCritビルドが一番ダメージを出し始めますね。更に相手がARを追加で積み始めると、そのうち脅威が息をしなくなります。

 

 

🤔結論🤔

思った以上に妖夢IEが弱い印象になりましたね・・・、前のナーフが来るまでは妖夢IEがジンの安定ビルドだったのですが、やはりAD-5ARpen-2のナーフは大きかった模様。

その反面、ダスクはARpenの数値にバフがあったので、序盤に柔らかい相手をキルしに行くのなら妖夢IEよりも妖夢ダスクが強いという結果になりました。

それ以外の場面ではCrit型が俄然ダメージを出すという結論に。今のタンクは1アイテム+足袋ぐらいで(サンファイア、騎士の誓い等)軽く160ARぐらいに届くので、脅威が陳腐化するタイミングが尋常じゃなく早い環境になってます。ミッドシーズンに起こったタンクアイテムのHP下げ、AR上げ調整も脅威ビルドに対してかなりの向かい風に。

現在のアーデント・タンクメタにジンを出すのは正直かなり難しいですけど、それでもジンを使いたいのならフルCritビルドにして硬い敵も柔らかい敵も全員殺しに行ったほうがいいと思います。序盤のスノーボールを狙うのなら脅威もアリですけど、その序盤のパワースパイクをキルに返還できなかったら後々対タンクで泣きを見ることも・・・。タンクが薄くとも、序盤にリードを取れず相手のサポートがアーデントセンサーを購入したら、もはやADC同士のDPSでは話にならないので5v5の集団戦がとても厳しくなります(味方サポートがジンにアーデントセンサーのバフを付与してもASが低すぎてまるで使い物にならない)。脅威を積むということは、自身にタイマーを課す選択肢であることを忘れずに!

 

 

おまけ

 

RのCDが頻繁にあがることに対するピック・キャッチ力の向上をあまり重要視しないのなら、IEラッシュジンがER-RFCルートなどよりもかなり早期にパワースパイクを迎えることができます。最近どんなADCでも流行っているRFC+Shivの圧倒的Pokeコンボを一撃の重いジンで使えるのが特徴。

コアのf:id:lol-lettuce:20170126151632j:plainf:id:lol-lettuce:20170909024725p:plainの2アイテムが完成した時点でf:id:lol-lettuce:20170126151248j:plain、あるいはf:id:lol-lettuce:20170201054045j:plainの選択肢が取れるので、早め早めにタンクに対するダメージも期待できます。いわゆるタンクキラージンです。

ですが、RとWで味方をセットアップ出来るのが特徴のジンで、まったくのCDR無しというのは結構響くので、スキルの活用タイミングをよりシビアに選別する必要があります。ジンが息をしていない今のメタで、ジンが本当に好きだから使い続けたい人のための最終手段的ビルドだと思います。

 

 

Pocket

スポンサードリンク

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. (^。^) より:

    cdr欲しいからいつもクリティカル100でいってる

  2. ^-^ より:

    こういう記事本当助かります

  3. 匿名 より:

    クリティカルダメージ減少は最終ダメージにかかるので、IEを持った状態でクリティカルが発生すると2.5 * 0.75 = 1.875のダメージとなります

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。