TSM Doubleliftインタビュー 「Finalsでの試合内容、NAナンバーワンの座、これからについて」

本動画はこちら↓

からどうぞ。

 

スポンサードリンク

 

Q.1 NAファイナルズのTSM対Immortals4戦目、TSMは2インヒビ+10kの資金差から状況を巻き返し、見事NA1位の座を手にいれました。それを今シーズン最も熱い逆転劇と捉える人もいれば、ImmortalsがめちゃくちゃThrowしただけと捉える人もいます。実際にその試合でプレイしていた貴方はどちらのカテゴリーに属しますか?

Doublelift:あの試合は典型的なNAゲームだったね・・・、正直お互いのチームがベストを出したとは言い難い内容だったよ。終わった後見返すと、なんで俺たちは勝てたんだろうって疑問に思うレベルでひどかった(笑)。俺も序盤からあまりしないようなミスをし続けて、チームもあっちこっちでキャッチされる展開が続いた。最初の10分に7キル渡してる時点で、確実に何かがおかしかったね・・・。

それで中盤ぐらいには資金差がどうしようもなくなってたから、イーブンに戻そうと頑張ろうとしても、絶対に30分以上は見積もらないといけない試合だった。”まあこの試合はほぼ負けだな”って心の中だと思ってた。今シーズンからはビハインドを背負ってからの立ち回りとかも上手くなってきた自信があるけどね、昨年はビハインドを背負ったらチーム全体が慌て始めて、必死に何かしようとして、正常な判断ができなくなってた。ひたすらなにかしようとマップを走り回って無茶なプレイをして、傷を広げるようなことが多かった。でもFinalsの4試合目に関してはチームの皆が落ち着いてて、常に冷静な判断を下し続けれたからこその逆転だった。まだ今はアイテムを待つべきだ、エンゲージタイミングもキャリーが隙を晒すまでぐっと我慢するべきだ、そんなことを話してたらインヒビが二つ割れてたね。

今までファームし続けてアイテムだけはあるから、今ここでエンゲージして戦おう、ってチームで決めたんだ。ここで引いたら後がなかったからね。戦わなくても負け・・・、戦ってエースされたら負け・・・、それで戦ってエースを取っても相手からしたら資金差が少し縮められた程度。まあまあ絶望的だよね。

でもBiofrostSvenskerenが絶妙なエンゲージを繰り返して、途方もない資金差のある5v5を勝ち続けたんだ。その頃から気分は盛り上がってたけど、チームは常に冷静だったね。たとえば一度目の集団戦で勝って、”ワンチャンあるんじゃないか!?”みたいな雰囲気でも、あまり高ぶらずにすぐ分析に入る。今の集団戦で使われたサモスペの確認、なぜ勝てたかの分析と、その勝てる状況をもう一度作るにはどうすべきか。ザヤがフラッシュを残してるから、次はルシアンにエンゲージしようってBioが決めて、それで次の集団戦も勝ったんだ。ついでにその集団戦で大量のサモスペを使わせたから、そのクールダウンを軸にまた戦略を立て直して・・・、思い返すとこの一連の流れは一つの長いプレイみたいなものさ。一度ミスを犯したらゲームが終わるから、かなり緊張も高まってたね。

それで試合に勝った時はもちろん嬉しかったんだけど、心の底から”やったー!”と言える試合ではなかったね。ImmortalsがリードをThrowした部分もあるし、俺たちが中盤からいい動きをし続けれたのもあるけど、やっぱり序盤に10kゴールド差も作られるようなプレイをした自分に恥を感じてた。次からはもっと相応しいプレイが出来るように頑張るよ(笑)。

 

 

Q.2 TSMはこれからKRで過ごし、ワールドに向けたブートキャンプ期間に入りますが、どういうお気持ちですか?

Doublelift:俺は昨年からKRブートキャンプそんな好きじゃなかったんだけど、有意義だとは思う、うちのマネージャーとかコーチがいい感じにセットアップしてくれるからね。ただ日常的な部分で俺は不満が多い(笑)、別に韓国人をディスってるわけじゃないんだけど食文化が俺とマッチしてないんだ。ホテル暮らしも好きじゃない。

それでも行く理由はやっぱLoLが上手くなるのに最適な環境だからだよね。まずピングが常に低い数値で安定してるし、練習試合が出来るチームの量もすごく増える。ソロキューもNAよりレベルが高くて、何よりブートキャンプっていう雰囲気になると皆がもっと真剣になれるんだ。

いろいろ文句は言ったけどそれでも有意義な体験になるはず。頑張るよ。

 

 

Q.3 TSMファン達は貴方達の活躍をワールドで期待しています。ですが、実際にはどれぐらいの活躍が出来ると思いますか?

Doublelift:・・・まずはグループを抜けるところからかな(笑)。昨年はトップ4まで必ず行くとかビッグマウスだったけど、もう反省したよ。俺たちの一番の目標はグループを抜けること、そうすれば昨年よりもいいリザルトになるからね。ここまできて抜けれなかったら本当に悲しいよ(涙)。

ファンが俺たちに期待を寄せてくれるのは素直に嬉しいけど、仮にも世界大会だからね。俺たちは各国からの選りすぐりのチーム達と戦う事になる、それこそ俺たちなんかとは比べ物にならない実績・歴史を持つチーム達とも・・・。NAは歴史的にワールドだと活躍できないことがほとんどだから、応援もほどほどにしといてね。

 

 

Q.4 Doubleliftさんは今年もNAオールスターチームのADCとして選ばれました。これは実質、あなたがNAのナンバーワンADCとして認められているということです。一体どうやってそんな長くNo.1で居られるんですか?

Doublelift:わからない(笑)。俺はただこのゲームがすごく好きなんだと思う。いつもBioとデュオしてるし、そうでない時も一人でずっとプレイし続けてる。練習試合の時も出来るだけ楽しもうとするし、もちろん真剣にプレイもするけどね。LoLを上手くなるっていうプロセスが気に入ってるんだ。

それと、いつまでも現役でNo.1って皆が言ってくれるから、それに応えたい気持ちもある。ファンの皆をガッカリさせたくないからこそ頑張れる部分もあるね。

チームメイトも俺を常にサポートし続けてくれる、特にBjergsenには感謝しきれないぐらいに助けられてる。俺だけじゃなくてチームメイト全員が、Bjergsen信者みたいなもんだよ(笑)。俺もあいつみたいな尋常じゃなくLoLが上手くて、チームの基盤になれるような人間になってみたい、って常日頃から思ってる。

 

 

Q.5 一時期はストリーミングに専念して選手活動を休止していましたが、それはどんな影響を及ぼしましたか?

Doublelift:あの休憩を取って良かったと俺は思ってるよ。しかもあんな身勝手な休みを取った後にTSMに戻れたんだから何も言うことがない(笑)。

これは休止しなかったら絶対にわからなかったことなんだけど、その期間があったからこそ俺は選手として活躍するのが大好きだって分かったんだ。競技シーンでプレイするのが本当に楽しくてしょうがない。一度その仕事から足を洗ったからこそ、今俺がTSMの選手として活躍できることに感謝できる。

実は今LongzhuにいるPrayも俺と似たような休暇を取って、それで帰って来たときのインタビューでも俺と似たようなことを言ってたからそれもクールだったね。

多分、もう似たようなことは二度とさせてくれないだろうね(笑)。もしまた休暇を取ったらチームメイトが全員俺を殺しに来ると思う。そんなつもりないから大丈夫だけど、まあ一般的に言ってチームの中身をコロコロ変えるべきではないからね。

 

以上がDoublelift氏のインタビューでした!

またTSMはグループステージで敗退してしまうのでしょうか、それとも一皮むけるのか、世界大会が楽しみで仕方ありません。かっこいいですね!

Pocket

スポンサードリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    翻訳ありがとうございます!興味深く読ませていただきました。

  2. 匿名 より:

    Doublelift選手には活躍して欲しいですね!
    海外の選手の情報などは自分ではなかなか読めたりできないので翻訳本当に助かります。blog活動も応援してます!

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。