現役NALCSジャングラーによるグラガスガイド!

今回はリクエストもあったEchoFox所属、現役NALCSジャングラーのAkaadianさんのグラガスガイドを記事化してみました!

本動画はこちら↓

Akaadian on LCS franchising and his pre-League of Legends career path

https://twitter.com/akaadian

 

からどうぞ。

 

スポンサードリンク

 

グラガスというチャンピオンについて

Akaadian:グラガスは2017年を通して、Rのナーフを食らった後も常にトップメタだったジャングラーだし、次のナーフが来るまで使い続けられるだろうから、彼のジャングルガイド動画をまず最初に作ることにしたよ。

彼はメタジャングラーの中でもかなりシンプルなスキルセットで、プレイスタイルも比較的真っ直ぐな初心者にもオススメのチャンピオンだ

この動画ではまずルーンとマスタリー、ビルドをカバーしてからプレイ内容に入りたいと思う

 

 

ルーンセットアップ

攻撃速度の印×9

伸びゆく体力の章×9

クールダウン短縮の紋×6

魔力の紋×3

魔力の神髄×2

物理防御の神髄×1

Akaadian:これが俺の個人的に気に入ってるルーンセットアップだね。他のジャングラーはよく序盤の強さを求めて黄色にフラットHPとARを入れるけど、個人的に伸びゆくHPのスケーリングのほうがグラガスには役立つと思う。

 

マスタリーセットアップ

Akaadian:6/6/18でキーストーンに巨人の勇気、これもグラガスでは定番のセットアップだ。たまに岩界の盟約グラガスとかも見たりするけど、個人的には巨人の勇気からもらうイニシエート時のデカイシールド量の方がグラガスには向いてると思う。岩界の盟約はたしかに強いけど、迷ったのなら巨人の勇気にしとけ!

 

ビルドセットアップ

Akaadian:この二つのビルド、両方とも完全にイケてるいいビルドだ。ルーンエコーグラガスは序盤のバーストが半端ないし、シンダーハルクグラガスも900ゴールドで買えるバミシンダーでスパイクしてレイトゲームも増加HPスケーリングでかなり強い。どっちのビルドに行くのが最善なのかは、自分のプレイスタイルと味方のチーム構成に依存するところが大きい。

 

ルーンエコーグラガス

Akaadian:グラガスでルーンエコーを積む時は、必ず自分以外にもう一人タンクがいる時だけにしたほうがいい。もし自分だけがチームのエンゲージ役・フロントライン役を担っているのなら、ルーンエコーを挟むと中盤の集団戦すぐ死ぬからそういう状況ではシンダーハルクの方に軍配が上がる。

ルーンエコーの一番の利点として、序盤のバーストが凄まじい。そしてにらみ合いの時にQで敵をPokeできるのも強力だからルーンエコーを積むならQ上げグラガスでダメージを重視したほうが強い。

ルーンエコーグラガスのスキルオーダー

ルーンエコーを作り終わったら、基本的にセカンドアイテムとして騎士の誓いかソラリ、状況に応じてどっちかを選ぶことになる。ソラリはMR寄りの選択肢で、騎士の誓いは物理防御寄りだね。どちらのアクティブもミッドゲームの集団戦において無類の活躍を見せるから、最終的には両方積むのがベストだ。その後のワーモグとソーンメイルは、ほかのタンクアイテムと入れ替えても融通が効くからそこらへんは状況に応じて最適なビルドを見極めよう。

 

シンダーハルクグラガス

シンダーハルクグラガスの強みは、やっぱ立派なカチコチタンクになれる点だね。シンダーハルクからある程度のヘルスをもらう分、その後すぐにヘルスを積む必要もないから、もし相手がめちゃくちゃAD過多の場合とかだったら忍者足袋からソーンメイルラッシュみたいなビルドも実現可能だ。ルーンエコーグラガスでこれをやろうとするとARの量に比べてヘルス量が足りなくて、かなり効率の悪いビルドになってしまう。ソラリもヘルスがないけど、2200ゴールドで安く買えるしシールド量をヘルスと考えることもできるからあまり問題はない。

ビルド的には全然ダメージを出すことを考えてないから、よりディスラプター(妨害役)になれるようにスキルオーダーも変えていくといい。ルーンエコーだとQ上げだったけど、シンダーハルクならQに2ポイント入れた後、E上げの方が集団戦で貢献できるからオススメだね。

 

シンダーハルクグラガスのスキルオーダー

 

 

忍者足袋とマーキュリー、モビリティーブーツグラガスについて

俺は必ずどっちかのレジストを持つ靴をグラガスでは買ってる。(アイオニアブーツは値上げされたのであまりオススメしません)

忍者足袋かマーキュリー、どっちを買うべきかの選択はかなり明確で相手の構成によるけど、それでもたまにどっちを買うべきか迷う時がある。たとえば相手に多くのAA主体チャンピオンとCCタンクが共存してたら、どっちも欲しくなるよね。

そんな時、俺は忍者足袋を買って大きい集団戦の前によくアイアンエリクサーを買って、Tenacity(CC耐性)はそこから補ってる。アイテムを三つぐらい完成させたグラガスってその後大したスパイクも無いから、アイアンエリクサーに費やしたゴールドでビルドが遅れてもあまり問題はないんだ。

モビリティブーツグラガスもたまに見るけど、俺はあんまりファンではないね・・・。唯一、俺がモビリティブーツが理にかなってると思うのは対面がエリスの時に、エリスの初手モビリティブーツのプレッシャーに対応するため自身も履く時だけだと思う。同じマップ移動のポテンシャルを持つことで、ある程度はエリスを抑えることが可能になるからね。

 

 

グラガスのジャングルパス

Akaadian:前まではラプタースタートするのが主流だったけど、今は赤か青、どっちかのバフにリーシュをもらってスタートしたほうが個人的には良いと思うね。その上で、もし相手チャンピオンがレベル2インベイド、或いはグラガスが三つ目のキャンプをクリアしてる最中に襲いかかってくるかもしれない相手だったらバフ-バフの順番で狩るのが一番安全だ。

グラガスの最序盤における優先すべきことは、素早く3キャンプ終わらせてレベル3になって、どっちかのカニを取りに行くこと。それでカニを取ったサイド+ミッドレーンを見ながらガンク可能か不可能か、カウンターガンクできるかできないかを判断してキルを狙いに行く。俺がグラガス使うときはいつも最序盤こういう動きをしてる。

グラガスのアーリーガンクはE+Flashが上手ければ非常に強力で、レベル3からはチャンピオン単体としてもかなりのプレッシャーを持てるようになる。チームのためにCCをセットアップすることも出来るし、一人でもグラガスはキル狙えるからね(笑)。

 

 

グラガスのスキルコンボ

E-R

Akaadian:グラガスのコンボもシンプルな物から複雑なやつまであって、まずは基本中の基本であるE-Rから。

初心者がよくやるミスの一つで、Eを当てた後にWのAAを挟んじゃうのをよく見るね。これはEを当てた後にRを使うと決めてるのなら絶対にやっちゃいけないことなんだ

なにも挟まずにE-Rすると、(注釈:相手はQSSもしくはクレンズ+フラッシュでないと)Rを避けるのは不可能になる。でも途中でAAを挟んだり、Rをするタイミングが遅れると相手はフラッシュのみでこのコンボを避けれるようになるんだ

 

E+Flash

Akaadian:次に、E+Flashも紹介しておこうか。

これもみんな知ってると思うけど、Eの動作中にフラッシュすると範囲を伸ばすことができるんだ。E+Flashでどこまで届くのか、っていうのはある程度トレーニングモードで感覚を覚えておくといい。(注釈:数字的に見るとEの600レンジ+フラッシュの425レンジを足して、1000ユニット先ぐらいにまでなら届く計算になる)

 

E-R+Flash

最後に、たぶん一番難しいと思うE-R+Flashも紹介しよう。

このコンボは(注釈:クレンズ系を持っていても)反応するのがかなり難しくて本当に相手を100%捕まえたい時に使用するべきコンボだ。(E+Flash-Rの順番にやると、相手に反応する猶予を与えて、QSS+FlashでRがよけられる場面も存在する)

でもE-R+Flashにも欠点があって、グラガスのRが届く範囲だけで言えばE+Flash-Rよりも範囲が狭まってしまうんだ。(すでに相手のフラッシュがないことが分かっているのならどちらかというとE+Flash-Rのほうが安定します。)

このコンボは最初のうちは失敗し続けるだろうね、断言できる。でも実用性はピカイチだからトレーニングモードに少し篭って、練習するのを勧める。頑張れ未来のグラガス使い!

 

以上が、Akaadian流グラガスガイドでした!

Pocket

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。