ルシアン使い必見! -Pocket Picks DoubleLift氏によるルシアン解説-

今回はDoubleLiftさんが直々にルシアンを解説してくれます!

一昔前の動画ですが、内容はとても面白いので本記事の元となってる動画もご覧下さい。

こちら↓

からどうぞ。

 

スポンサードリンク

 

 

ルシアンというチャンピオンについて

DoubleLift:ルシアンは要求されるメカニクスが超多い、バックライン+フロントラインハイブリッドな格好良いADCだ。

序盤から最強ってわけじゃないけど、レーン番長になれるし、

中盤に一番のスパイクを迎えるけど、OPすぎてナーフされるほどでもないし、

終盤にスケーリングで他のADCにボロ負けするわけでもない、試合の最初から最後まで常にやれることの多い、器用なADCでもある。

機動力があるから自衛力と追撃力が高くて、射程の長さも彼のAAレンジである500ユニットから1400ユニットを誇るアルティメットスキルがあるから常に幅広いプレイスタイルを持てる万事屋みたいなADCだ。

 

 

ルシアンのメカニクス

Doublelift:ルシアンをプレイするにあたって一番重要なのは、彼のスキルコンボを理解すること。

まず一つ目は、彼のコンボルートの中でも一番基礎的なE-AA-Q-AAから。

このコンボが重要な理由は、ルシアンのパッシブをもっとも効率よく使えて、尚且つコンボの終わりにまたEがCD解消するようになってるから。

レベル13になってある程度のCDRを手に入れると、Eをしてから二回ルシアンのパッシブを発動させることでEがまたすぐ使用可能になるんだ。(ディレイなしに使えるようになるのはCDR40%から)。

これを活用した二つ目のコンボが、AA-E-AA-E-AA

ルシアンはEを使う前にパッシブを発動させておくことで、AA-Eっていう入り方をすれば常に二つ目のEが用意されてるんだ。

ルシアンはこのダブルスライド(E)メカニクスを駆使することで連続してAAのタイマーがリセット出来て、彼の中でも最大限の火力が出せるコンボになる。

 

ルシアンのコンボを素早く入力出来るようになると、それだけでダメージが跳ね上がっていくんだ。同じコンボをしてても、入力が全て遅いとそれだけでDPSが半減したりするし、最速入力できればとんでもないバーストが出て相手がビビる。こういったコンボメカニクスは練習あるのみ。

 

 

レベル2のルシアンコンボ

ゲームの中でコンボを活用できる機会は、もうレベル2から存在してるんだ。みんなが恐れ戦く、レベル2ルシアンパワースパイクね(笑)。

まずレベル2になったら、すぐにEで突っ込んじゃいけない。そうするとその時点でトレードに負けちゃうからね。

入り方は単純で、まず近づいてAAから入る。自分の射程の500ユニットまで歩いて近づくんだ。そしてEをAAタイマーリセットに使う。つまり、AA-E-AA-Qだね。

その後は退くか、あと一発だけAAを入れてから一度退くのがレベル2ルシアンのダメージトレード方法。間違ってもEから入るなよ!

 

 

ショートダッシュ

もう一つ、このAAタイマーリセットを活用する方法がある。

自分のチャンピオンの真上か真横にEを発動することで、ダッシュ時間を短くすることができて瞬間的なバーストが上がるんだ。

相手ADCとかと1v1の状況になって、ダメージレースに勝ちたい時に有効なテクニックだね。

 

 

ルシアンの強み

Doublelift:ルシアンの強みと言ったらまず最初に機動力。

ADCに機動力が備わると、本来引かないといけない位置取りからでもダメージが出せるようになる。相手チームが100%の連携を取って、ルシアンをフォーカスしない限りは、危険な位置取りにいてもルシアンなら簡単にカイトできるんだ。ルシアンを使うなら、彼をただのバックラインDPSとしてだけでなく、フロントラインファイターのようなプレイスタイルも理解しないと彼のポテンシャルを完全には引き出せないね。

そしてスキルコンボを活用することで序盤から出せるバーストもルシアンの強みだね。

こういう機動力と複雑なコンボルートが備わっているチャンピオンの魅力として、上達すべき部分とか、アウトプレイ出来たかもしれない場面とかが際限ないんだ。毎日12時間メカニクスを完璧にしようと練習する俺だって、リプレイを見返せば上達できる部分・より完璧にプレイ出来たかもしれない部分とかがすごく多い。LoLの、特にルシアンのようなチャンピオンが上手くなりたければ、本当に練習あるのみ。

 

 

 

ルシアンの弱点

Doublelift:ルシアンはあらゆる場面に対応できる柔軟性だとか、序盤から終盤まで力を失わない素直なパワーカーブを持っていたりで至れり尽くせりだけど、そんな彼にもちゃんと弱点はある。

まず対象指定CCにとんでもなく弱い。もしもマオカイのWやライズのWとかに捕まったら、持ち前の機動力を1ミリも活かせずにすぐ死んでしまうからね。相手の構成にそういったポイント&クリックCCが多かったら、ルシアンをピックするのは遠慮したほうがいいかもしれない。

そしてルシアンは1v1や少数戦では無類の強さを発揮するけど、レイトゲームの5v5なんかは結構苦手だったりする、モロに他のレイトゲームADCとかとDPS差が出てしまうからね。他のADCが持っているユーティリティー、ダメージ以外で貢献できるCC(アッシュRなど)や味方に対するバフ(シヴィアRなど)とかも、ルシアンは持っていないからそこでも差が出やすい。もし相手にルシアンがいれば、できる限り自チームのADCが活躍できるような場面を作りに行くのが最善だね。それがコグマウを活かした5v5の集団戦だったり、アッシュのRを活かしたピック戦略であったり、色々あるけど、”ルシアンに1v1で勝つ!”とは考えないほうがいい。

 

 

 

Q.自分以外に尊敬するルシアン使いは?

Doublelift:自分以外だと中国のUziを一番尊敬してて、彼のルシアンプレイから教わって自分で真似てる部分とかも多いね。多分彼が世界で一番上手いルシアンだと思う。

俺がUziと戦ってオールインする時、いつもAA一発差で負けて、”一体どうやって相手は最後のAAを捻り出してきたんだ?”って疑問に思うことがすごく有ったんだ。他のNAのプロADC達とのオールインは、逆に俺がAA一発差でいつも勝ってるのに(笑)。その後リプレイを見返すとすごく単純で・・・ただ単に、”Uziが完璧にプレイして、俺が完璧にプレイできなかった”だけの事だった、って理解する。

LoLっていうゲームは上手くなろうとすると無限に課題が出てくる。プロ中のプロでさえ完璧なプレイなんて滅多にできないのさ。それがこのゲームの面白味でもあると思う。

 

 

以上がDoubleliftさんによるルシアンの解説でした!

彼は今となってはボットレーンでみることはありませんが、ミッドレーンでまだ活躍しているのでプロのルシアン成分はこっちでも補えます(*´ω`*)特にKRミッドレーナーのルシアンはご馳走ですね。

Pocket

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。