Fnatic インタビュー feat. Caps,Rekkles,Soaz,Jesiz

Fnatic、おめでとう

 

スポンサードリンク

 

Caps、GAMとの最終戦後の勝利インタビュー

 

Q.1 まずはグループステージ抜け、おめでとうございます。LoLの歴史で、一週間目に0勝3敗の戦績を残してからグループ抜けを達成したチームは未だかつていませんでしたが、Fnaticは怒涛の4連勝でその歴史を打ち破り、見事準々決勝進出を成し遂げました。今のお気持ちをお聞かせ願えますか?


Caps:…(ニヤニヤ)。今日は疲れたよ。ほとんどの試合を僅差で勝ったし、最後の最後まで緊張が収まることはなかった。でもすごく楽しくて、興奮が止まらなくて……正直、まだ俺たちが勝ったんだって、実感できてないんだと思う。

 

たぶんこのインタビューが終わって、それで帰宅してからみんなとバッフェを食べてる頃には、この達成を実感出来て、そうなったらもう夜も眠れないかもしれない(笑)。

 

 

Q.2 最後のGAM戦は最初からずっと有利だったわけではなく、レイトゲームにもつれ込んだ泥仕合でしたが、どうやって最後まで平常心を保ち続けれましたか?


Caps:今日はとても長い一日で、俺たちがプレイした5戦もあるけど、LZ対IMTの試合でもずっとLZを応援し続けて、ものすごく疲れてたんだ。10k差を作られたLZを全力で応援してたのさ、もうヘトヘトで。

 

試合中でもできる限りの平常心を保とうとはしてたけど、今までで溜まった疲労と緊張、プレッシャーは俺たちのプレイをかなり蝕んだ。でもそれはGAM側も同じで、彼らも変なミスが目立ったりして、そこを俺たちは突いた。

 

どちらのチームもかなり体力、精神的にまいってて、そんな状態でどれだけ”普通のプレイ”ができるか、どっちが一番ミスを少なくできるか、の見苦しい戦いになったね。でも最後には俺たちがチームとして、GAMを上回ったんだ。

 

 

Q.3 Fnaticは準々決勝へと進みますが、そのための準備などは予定してますか?


Caps:まずは一週間目のゲーム達と、今日のゲーム達を振り返って、反省点を探していくよ。今日と、一週間目で感じたのは、俺たちは有利を取ってからの展開作りが下手だってこと。

 

有利を持ってるのにも関わらず、それを活かせずに試合が互角のまま進んでいくのがダメだって感じた。もし準々決勝で韓国のチームとまともなチャンスを作るのなら、かならず改善しなくちゃいけない点だ。

 

練習試合も段々と煮詰めていって、今チームの為に出来ることは全てやっていくつもりだ。

 

 

Q.4 ほかに何か言いたいことはありますか?


Caps:とりあえず今日はヘトヘトで、休みたくてたまらないけど、それでもここまで応援してくれたファン達には感謝しきれないぐらい、ありがとうの気持ちでいっぱいだ。

 

一週間目のダメダメだったFnaticを見捨てずにいてくれた殊勝なファン達がいたからこそ、心が折れずに済んだ。みんなありがとう。

 

 

Soaz、勝利後のインタビュー

 

Q.1 グループ抜けが決まりました、Soazさんの今のお気持ちをお伝えください。


Soaz:ここまで行けるとは思ってなかったからびっくりしてるよ。0勝3敗で勝ち抜こうなんて気持ちは最初からサラサラなかった。でもLongzhuのおかげで、ここまでこれたんだね(笑)。

 

今日の俺たちの目標は、0勝6敗だけは避けてEUの為に1勝でもいいから持ち帰ることだったから、あんまりプレッシャーはなかったんだ。Longzhuには届かなくても、IMTとGAMには一泡吹かせてやろうって。だからこそIMT戦とGAM戦では自信のあるプレイができて、勝てたんだと思う。

 

俺たちはもう何も失うものがないんだから、失敗してもいいからありったけをぶつけろって感じで。そんなチームの精神が功を奏して、今日のWCSでは、今までで一番のパフォーマンスを見せれたと思う。

 

 

Q.2 Soazさんはグループステージの多くの試合で、相手チームの標的になったり、味方のためのスケープゴートになり沢山デスを重ねてきました。自分の調子が悪い時や、ストレスを和らげる為にはどうしましたか?


Soaz:試合中、自分が相手を育ててしまった、自分のミスプレイで味方の足を引っ張ってしまった時は、まず謝る。今のは俺のせいだ、すまんって言って、すぐに切り替える。

 

でももしそれでTiltが続くのなら、黙らずにチームとコミュニケーションを取り続けるのが一番重要だと思う。自分のせいでこうなってしまったって抱え込んで、試合中ずっと無言で居続けるよりも何倍も良い。

 

なにか悪いことが起きたのなら、チームとの会話はそれを修復してくれる。自分に話しかけるのも良い。とにかく抱え込まないことが一番だ。

 

 

Q.3 GAMとの最終戦で、一番Soazさんを引っ張ってくれたチームメイトは誰ですか?


Soaz:GAMとの試合はものすごく勝つのが難しかった試合だったね。彼らはアーリーゲームの動きがとても上手くて、確か俺は序盤に4回ぐらい死んだと思う。

 

それでBroxahとコミュニケーションを取って、これ以上被害を大きくしないためにチームでカバーし合った。

 

あの試合は劣勢の中でも、チーム全体が良いメンタルを保てたと思う。チームの雰囲気も絶好調で、皆ずっと明るかった。

 

俺が0/3/0の時でも、”大丈夫、まだ勝てる”、”気にするな、何も問題はない”って励まし続けてくれて、俺もそれに答えたくて全力で頑張った。

 

誰かが特別に俺を引っ張ってくれたわけじゃなくて、チーム全員が俺を助けてくれた。

 

 

Q.4 なにかファン達に一言お願いします。


Soaz:俺たちが一週間目に0-3を叩き出してからも、応援し続けてくれたファン達は少ないだろうけど、それでも応援してくれたファン達には、感謝してる。

 

 

Rekkles、勝利後のインタビュー

 

Q.1 グループ抜けが決まり、今の気持ちを以下略


Rekkles:正直、今の気持ちを言葉にするのは難しい。今日は俺と、そしてチームにとって、とても特別な一日だ。

 

俺個人としては、今日の試合は全部俺が足を引っ張ったと思う、特にIMTとの試合で。だから少し後悔の念もあるけれど、それでもここまでチームと一緒にたどり着けたことに、言葉にできないぐらい感情が動く。

 

WCSっていう最大のステージで、大きな勝利を掴んだ時に感じれる感動と興奮は、本当に世界からかけ離れてる。コレはここでしか感じれない特別なもので、俺はその一員で居れることに感謝しきれない。

 

 

Q.2 グループステージで対戦した3チームとも、Fnaticは苦戦を強いられました。彼らのどこが強くて、そしてどうやって彼らを克服しましたか?


Rekkles:GAMに関しては、正直初戦はどうすることもできなかったと思う

 

あのようなレーンスワップ戦略は対処に前知識が沢山必要だし、前もってリサーチしてた過去のGAMの40試合中、彼らは一度しかレーンスワップはしてなかった。試合中、何が起こってるのか全くもって理解出来てなかったんだ。

 

IMTとの試合は、俺がミスプレイしなければ勝っていた。Longzhuはチームとして俺たちを遥かに上回ってる…今の俺達のレベルでは到底敵わない。そんなこんなで一週間目は0-3になってしまった。

 

一週間目が終わってからは、時間が合ったからGAMとIMTとの試合に準備することが出来たんだ。おかげでもっと良いゲームプランとドラフトを用意することが出来て、一週間目よりも全然良いパフォーマンスを見せることができた。

 

準々決勝に進む際は、このような準備不足も許されない。でなければ0-3のスコアで帰るだけになっちゃうからね。だからこそ、どんなチームが相手に来ても俺達は精一杯準備して、挑みたいと思う。

 

 

Jesiz,Fnaticが今まで抱えてきた問題について


Jesiz:これはFnaticが今年の初期からずっと抱えていた問題で、チーム全体の連携が本当に足りてなかったんだ。今まで俺たちは1つのチームとしてではなく、5人の個人でプレイすることしか出来てなかった。みんな大きなエゴを持っていたんだ。

 

チームとしてプレイしない場合、誰かの調子が悪ければ、それを誰もカバー出来ないからすぐに試合が崩れていく。心の底で、”この試合に負けたのはコイツのせいだ”って考えたりもする。

 

でも俺達は0ー3の戦績を残した。そしてこの問題を解決しなければ必ず0-6になるだろうってみんな思ったんだ。WCSっていう大きなステージでここまで追い詰められたからこそ、皆が各々の大きなエゴを投げ捨てて、今日初めてチームとしてプレイ出来たと思う。

 

”大きな絶望を前にして、やっとバラバラだったこの5人は一蓮托生になれたんだ”

 

以上が4人からのインタビューになります!

 

GAMとIMT相手に2連勝した時点でまさかとは思いましたが、本当にまさかが起こってしまいました…WCSの面白さは加速していくばかりですね。

リアルタイムでお酒片手にWCSを観戦するのは…たまりませんゾ…_(´ཀ`」 ∠)_

 

インタビュー記事カテゴリーを新しく作りました。他のプロ達のインタビューも何個か取り上げてるので、良かったらこっちも見てね!

Pocket

スポンサードリンク

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. ^-^ より:

    びぶれちゅむぷ

  2. 匿名 より:

    ちょいちょいナチュラルにLZディスられてるの草

  3. 匿名 より:

    ここからQFでも韓国以外のチームと当たる可能性あるしチームとしての団結が一層強くなってたら勢いのままSFまで行けるかもしれん
    楽しませてくれるfnaticなら

  4. 匿名 より:

    FNC!FNC!FNC!

コメント投稿

メールアドレスが公開されることはありません。